DISEASE疾患検索一覧

日常の痛み

変形性膝関節症

変形性膝関節症とは 変形性質関節症とは老化に伴い関節構成体の変性・破壊をきたし、関節機能の障害に至る複合的な疾患です。関節のクッションである軟骨がすり減ってしまい痛みが生じます。骨のすり減りにより、骨のへりに骨棘というと […]

スポーツ障害

コンパートメント症候群

コンパートメント症候群とは コンパートメント症候群とは、骨・筋膜・骨間膜・筋間中隔などに囲まれた筋区画(コンパートメント)が外傷などにより区画内圧が上昇し、組織の血流障害や機能障害を引き起こす下腿・前腕に多い疾患です。 […]

スポーツ障害

鵞足炎

鵞足炎とは 鵞足(がそく)とは膝内側に縫工筋・薄筋・半腱様筋の腱がそれぞれ付着している部位の総称です。鳥の足に似ていることが名称の由来です。鵞足と膝関節内側の摩擦によって生じる炎症的な痛みを鵞足炎と呼びます。 原因 症状 […]

スポーツ障害

膝蓋腱炎(ジャンパー膝)

膝蓋腱炎(ジャンパー膝)とは 膝蓋腱炎(ジャンパー膝)とは、膝のお皿(膝蓋骨)の下あたりにある「膝蓋腱」と呼ばれる腱に炎症が起こるスポーツ障害です。バレーボールやバスケットボールなどのジャンプ動作を繰り返すスポーツに多く […]

子ども

有痛性外脛骨

足の内側(アーチ)部分が膨らんで(過剰骨)痛みが出る障害で、スポーツ活動によって痛みが強く出現します。

子ども

シンスプリント

脛骨(すねの骨)周りがオーバーユースによって炎症を起こす障害です。疲労骨折に移行することも多く注意が必要です。

子ども

セーバー病

「踵の成長痛」で、サッカーなど繰り返し走るスポーツで、ふくらはぎの筋緊張が強くなることで発生します。

子ども

オスグッド・シュラッダー病

「膝の成長痛」で、お皿の下の骨が出っ張ってくるのが特徴的。成長期に強度の高いスポーツを行うことで発生します。

スポーツ障害

足底腱膜炎

スポーツなどで診られる足底部の痛みで、オーバーユースや疲労の蓄積によって発生する。

TOP