DISEASE疾患検索

前十字靭帯損傷

前十字靭帯損傷とは

前十字靭帯損傷はスポーツ現場などでよく起こる外傷で、多くの場合は膝関節に外反力が加わった状態で大腿が内旋・外旋した際に強く引っ張られて起こるといわれています。これは前十字靭帯が大腿骨外顆後方から脛骨の膝関節面前内方にかけて斜めに走行しているためです。このような運動は着地時や方向転換、ジャンプの踏切時などで多くみられ、膝関節外反によって起こる内側側副靭帯損傷と内側半月板と合わせて不幸の三徴と呼ばれています。

原因

ACLはスポーツ活動中に損傷する場合が多く、発生メカニズムも様々です。大きくはコンタクトスポーツなどで外力が直接、膝にかかる接触型と膝に急激な収縮力や捻りが加わる動作により発生する非接触型に分られます。

接触型

外反ストレス、過伸展強制など直接的な外力

  • ラクビーのタックル
  • 柔道の寝技
  • サッカーのスライディングなど

非接触型

膝の内外旋による回旋力による

  • 急激なストップ動作
  • 方向を変えるカッティングやステップ
  • ジャンプの着地など

症状

受傷直後は腫脹や疼痛を認めないことも多く、時間と共に腫脹や血腫、疼痛、可動域の制限などが出現します。前十字靭帯は関節内靭帯で大腿骨と脛骨に付いており、膝関節において下腿の前方移動を抑える働きがあります。損傷が起こると膝関節前方への不安定性が出てきます。この不安定性があると運動を行った際に“膝崩れ”という膝関節が外れるような感じが起こり、軟骨や半月板の損傷も疑います。

  • 腫脹・血腫・疼痛
  • 可動域制限
  • 関節内水腫
  • 関節不安定性
  • 膝崩れ
  • 嵌頓(半月板損傷合併)

治療法

前十字靭帯はほとんどの場合で自己修復されないため、手術では他の腱を膝関節に移植します。当院では症状見合わせてアイシング、包帯による圧迫と固定、運動による関節可動域の改善や筋力の維持・増強などを行い、症状の改善を目指し、同時に最終的な治療法を決めていきます。 手術後には徒手療法や鍼灸治療、リハビリテーションを行います。

保存療法の原則は膝関節周囲筋の筋力増強と完全可動域の回復です。初期症状の炎症や疼痛改善には徒手療法や鍼灸治療、物理療法を中心に運動療法も行います。

  • アイシング
  • 固定・圧迫
  • 徒手療法
  • 鍼灸治療
  • 超音波療法
  • マイクロカレント
  • HI-Volt

前十字靭帯再建とリハビリ目標は安定性と完全な可動域、完全な機能を獲得し、再受傷させない運動の改善です。手術の有無や状態によって異なるが、段階的に進めることが重要です。

  • 補装具(サポーター)
  • 関節可動域トレーニング
  • 筋力トレーニング
  • 協調性トレーニング
  • スポーツ関連動作

治療実績

原因

大腿四頭筋

大腿四頭筋の中で最も受傷しやすいのは大腿直筋で、股関節が伸びて膝関節が曲がっている状態が最も張力が強い肢位です。動作開始時やスピードの急激な変化など、強力な筋収縮の負荷によって損傷しやすくなります。

  • 陸上のスタート時
  • サッカーのキックなど
  • 柔軟性低下
  • 筋疲労時
  • 電解質不足
  • コンディショニング不良
  • 不適切なフォーム

ハムストリングス

ハムストリングス(大腿二頭筋長頭)は身体の中で最も損傷しやすい筋です。スポーツなどの疾走中の損傷が多く、ブレーキ動作(踵の接地時)や蹴り出しの過程など、筋が収縮しようとしている状態で伸ばされる時に損傷しやすいです。

  • ダッシュ着地時
  • サッカーのキックなど
  • 柔軟性低下
  • 筋疲労時
  • 電解質不足
  • ウォーミングアップ不足
  • コンディショニング不良
  • 不適切なフォーム
  • 筋のアンバランス

症状

重症度によって異なるが「ブチッ」と切れたようなpop音や引っ張られたような痛みを感じ、運動痛やストレッチ痛・腫脹や熱感・皮下出血や硬結が診られます。

  • 強い圧痛
  • 運動痛・ストレッチ痛
  • 腫脹・熱感
  • 皮下出血(24時間以降)
  • 陥凹(完全断裂時)

重症度

Ⅰ度Ⅱ度Ⅲ度
程度筋腱の微細損傷筋腱移行部の損傷
(部分断裂)
筋腱移行部の断裂
(完全断裂)
症状軽度の痛み
炎症症状
筋力・可動域制限陥凹の触知
膝関節可動域90°以上可能90°以上不可45°以上不可
*腫れ・皮下出血・硬結・関節可動域制限は重症度によって程度が変わる

治療法

受傷直後は安静・固定!

競技復帰へのリハビリを進めながら治療を行っていきます!

損傷初期の処置はとても重要で、症状の経過に影響します。早期にアイシング・固定を行い、内出血や腫れ・痛みを抑え、炎症を抑制させていきます。また安静・固定することで動きを制限し、負担を軽減することができます。

受傷から数日間は患部に対しての鍼灸療法や物理療法などで早期回復を目指す治療を施行します。

損傷の重症度によって固定期間や復帰時期は異なりますが、経過観察しながら慎重に治療を進めていきます。

超音波治療

微弱な超音波によって軟部組織の治癒力を促進します

マイクロカレント(微弱電流波)

生体内に流れる電流と同様の微弱電流を人工的に流すことで細胞組織の修復を行います

炎症(急性期)が落ち着いた後は、疼痛緩和と筋緊張の除去・関節の可動域拡大を目的としてスポーツマッサージや鍼灸治療を施行していきます。

  • 下肢スポーツマッサージ
  • 関節モビライゼーション
  • ストレッチ
  • 鍼灸治療
  • 罨法(アイシング・ホットパック)
  • ハイボルテージ・EMS
  • 超音波療法

経過次第でリハビリを行い、太もも周囲の筋力強化・安定性・柔軟性向上などを目的に再発しないような身体づくりを目指していきます。また、日常生活でできるセルフケアも重要になってきます。

リハビリテーションでは、痛みに対しての再発予防、運動(競技)復帰を目指すためのアスレティックリハビリテーションも行います。

  • 下肢の可動域訓練
  • 下肢の筋力トレーニング
  • バランストレーニングなど
  • 日常生活動作の獲得
  • 競技別トレーニング
  • コレクティブエクササイズ

スポーツをしている人は運動後のケアも大切になるため、運動頻度や強度・ピーキングなど選手に合わせた治療を行います。スポーツをしている人は運動後のケアも大切になるため、運動頻度や強度・ピーキングなど選手に合わせた治療を行います。

競技復帰の基準

  • 痛みがなくなる
  • 柔軟性・筋力の左右差がほぼ同等
  • 股関節可動域の適正
  • 競技特性の基本的な運動が可能
  • フィットネスレベルの向上

過去に肉離れを経験した方や、フィジカル機能低下により痛みが出現する場合では、アライメント不良・パフォーマンス不良への修正による効率的な統合運動能力の獲得が必要となります。

↑こんな選手には効果的!

  • 以前ケガしたところが痛む
  • バランスが悪く転倒しやすい
  • 足の裏が扁平足
  • 足の趾(ゆび)が曲がらない
  • 膝が内側・外側に向いている
  • 足の他にも痛みがある
  • ふくらはぎが張りやすい
  • パワーポジション不良
ファンクショナル2
TOP