情報局 詳細

テーピング膝

xf1475042589o
靭帯を補強するためのテープです。
テープの幅を広くとるほど補強の度合いは強くなります。
靭帯の上でテープが交差するように、下から上え引き上げながら貼ります。
Xサポートは膝以外の部分にも靭帯を補強したり、肉離れの時などに患部を圧迫するためによく使われます。

膝・内側側副靱帯テーピング法 1

DSC02357 DSC02360 DSC02356

靭帯を補強するためのテープです。テープの幅を広くとるほど補強の度合いは強くなります。

靭帯の上でテープが交差するように、下から上え引き上げながら貼ります。

Xサポートは膝以外の部分にも靭帯を補強したり、肉離れの時などに患部を圧迫するためによく使われます。


1. テーピングをする足に体重をかけた状態で、大腿部と下腿部のいちばん太いところに、アンカーを巻く。

(テープがずれないように大腿部に力を入れて巻く)



2. 内側側服靭帯を補強するために、下腿のアンカーの内側から大腿のアンカーの外側まで、テープを引き上げ次に、下腿のアンカーの外側から大腿のアンカーの内側まで、テープを引き上げる。(Xサポート)


 

膝・内側側副靱帯テーピング法 2

DSC02357 DSC02360

3. さらに補強するために、下腿のアンカーから大腿のアンカーまで、縦にテープを貼る。

3本のテープは膝の内側(靭帯の上)で交差します。


4. 最後にもう一度、大腿部と下腿部にアンカーをして完成です。


大腿四頭筋の補強

DSC02361
1) 幅5㎝のキネシオテープを大腿四頭筋の上部から膝蓋骨下2㎝ぐらいまでの長さに合せて切ります。
2) 大腿四頭筋の真ん中にテープを合わせ、膝蓋骨上2~3㎝ぐらいまでテープを半分に切ります。
3) 切れ目から膝蓋骨の周りを通るように左右から貼ります。その後に上の部分を大腿四頭筋の上部まで貼ります。

膝関節の補強

DSC02362 DSC02363 DSC02364

膝蓋骨の下を真ん中として大腿四頭筋の上部の高さより少し下までを目安として。

大腿の真横を通るようにテープを合わせて貼ります。


前のページに戻る

学芸大学駅徒歩5分 タカバンスポーツ整骨院/鍼灸院